一般社団法人
 鎌倉同人会  
 
   
    鎌倉東慶寺の岩たばこ       
同人会案内 事業案内 同人会関連ページ 会員のページ 鎌倉リンク
 お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ
 第13回鎌倉同人会講座「鎌倉のサクラ」講演のご案内
         場所:鎌倉婦人子供会館ホール(鎌倉市小町1-11-5)
            日時:2019年4月13日(土)開場13:30、 開始14:00~15:30
         講師:湯浅浩史(元東京農業大学教授、進化生物学研究所 理事長・所長)
     第13回講座では、現代の八重桜は鎌倉が発祥である!と指摘されている湯浅浩史氏を講師にお招き
    します。今日では、鎌倉時代に鎌倉にあったサクラをなかなか見ることができません。
  『鎌倉のサクラ』をテーマに、一重八重の「桐ケ谷桜」、八重桜の「普賢象桜」、日蓮の「妙法桜」、
    実朝と桜など、鎌倉発祥とゆかりの桜を歴史的な逸話をまじえながら解説していただきます。
   終了後は、満開?の桜に彩られた段葛を散策し鎌倉八幡宮にて、鎌倉同人会が「鎌倉桜」を蘇らせ
    る活動の一環として記念植樹した「桐ケ谷桜」を鑑賞します。 初春の穏やかな風景に彩られた鎌倉の
    サクラをさまざまな角度から堪能する貴重な機会です。お誘いあわせの上、ご参加ください。
      定員:60名 事前申し込み制 (先着順、3月15日から申し込み受付)
      参加費:会員500円、一般1000円
                申込み先:メール: yutang@jcom.zaq.ne.jp 携帯:090-5325-4586(谷口)
      後援:鎌倉市教育委員会  協力:かまくら学府
 報告****報告****報告****報告****報告****報告****報告****報告 
  第71回「実朝忌俳句大会」の報告 
    春も近い3月3日(日)午後1時より午後4時30分まで鶴岡八幡宮直会殿で71回を迎えた
   実朝忌俳句大会を約100人の出席者を迎え開催しました。
    まず最初に信州大学非常勤講師マブソン青眼先生による講演「反骨の俳人 一茶」がありました。
   その後投句の選評が選者松尾隆信氏、松田美子氏、宮坂静生氏、山川幸子氏の各先生から一般投稿
   の部、当日投稿の部と選定を行い、入選者を発表し、賞品を渡して散会しました。

    詳細はこちらを参照願います。

          

    ★鎌倉桜(桐ケ谷桜)2か所に植樹

   2月19日鎌倉私立第二中学校庭および鎌倉警察署玄関に鎌倉桜を植樹しました。当日は同人会大下
  副理事長が鎌倉市立第二中学校星典男教頭先生及び鎌倉警察宮村栄署長と、それぞれ鎌倉桜
  (桐ケ谷桜)を植樹しました。
   同人会では4年連続して市内の各所に植樹しており、今後も継続してまいります。
  鎌倉桜を植樹したマップはこちらを参照願います。

                  
             鎌倉市立第二中学校植樹                鎌倉警察署前庭植樹
 第12回鎌倉同人会講座「禅の自然観を探るー瑞泉寺
              一覧亭と富士」の報告

   立春を過ぎたとはいえ余寒の厳しい2月8日、第12回鎌倉同人会
  「禅の自然観を探るー瑞泉寺一覧亭と富士」と題して大下一真瑞泉
  寺住職(鎌倉同人会副理事長)を講師に、23名が参加して会員限定
  のフィールド講演会を行いました。 詳細はこちらを参照願います。
   
   平成31年新年互礼会開催される
   1月27日(日)由比ガ浜の「KKRわかみや」で開催開催されま
  した。当日は快晴に恵まれ、72名の出席者がありました。西貴美
  子理事の司会で開会、富岡幸一郎理事長の挨拶の後、恒例の卓話に
  移りました。話者は昨年アンデルセン賞を受賞した童話作家の角野栄子さ
  んで「魔女の宅急便と私」題して話されました。
   互礼会の詳細はこちらを参照願います。
   ★第11回鎌倉同人会講座「鎌倉中央公園」開催の報告
   12月1日(土)13:30~15:30 場所:鎌倉中央公園
  で開催。新しい自然保護の形を求めてというテーマで、紅葉の”鎌倉
  中央公園=山崎の谷戸”のフィールドを参加者一同と回りながら探索
  しまた。 詳細はこちらを参照願います。
  
  ★第13回鎌倉歌壇さきがけ源実朝公顕彰歌会開催の報告
   11月30日(金) 13:00~16:30
  場所:鎌倉生涯学習センターホールで開催しました。
  詳細の報告はこちらを参照願います。
 
  
  ★2018年鎌倉同人会バスツアーの報告  
    11月1日(木)は好天に恵まれ参加された39名の記憶に残る
  ツアーでした。鎌倉を出発し、山梨県の平山郁夫シルクロード美術
  館、八ヶ岳高原ロッジで昼食、ワイナリー等を訪問し、無事帰鎌し
  ました。詳細の報告はこちらを参照願います。
 
  第10回鎌倉同人会講座「鎌倉大仏と研究の”曼荼羅”」開催報告
   第10回の講座を「鎌倉大仏と研究の”曼荼羅”」を10月6日(土)14:00~16:00に
  高徳院(大仏)客間で開催しました。鎌倉市教育委員会後援、かまくら学府協力ということもあ
  って、定員の八十名を
超える91名の参加がありました。講師は高徳院住職で、慶應義塾大学教
  授、動物考古学者と三つのフィールドで活躍されている佐藤孝雄さんにお願いしました。

   鎌倉のシンボルである露座の大仏は、現在でも造像の経緯など様々な謎に包まれていて、平成
  二十八年に、
大規模な調査・保存事業が行われました。考古学だけでなく地質学や建築学、また
  CG画像など最新の技術を
駆使して行われた今回の事業で、大仏殿の存在や造像の方法など、新た
  に解明されたことが多くあったそうです。
   講座の詳細はこちらを参照願います。 
    
    




当サイト内の画像の無断複写・転載等はご遠慮下さい。