一般社団法人鎌倉同人会  

同人会案内 事業案内 同人会関連ページ 会員のページ 鎌倉リンク
                   第20回鎌倉同人会講座 「水彩画を通して語る平成鎌倉」報告
    
     講師の矢野元春氏
   
  半年間続いた“コロナ禍緊急事態宣言”が解除された9月30日から3日後の10月3日(日)、
 今年度3回目になる第20回鎌倉同人会講座が、会員限定で、鎌倉生涯学習センターで開かれました。
 講師は、同人会の若手会員で鎌倉水彩画塾塾長の矢野元晴さんです。
 会場“では消毒薬も準備し、”三密回避”で設営。7歳と4歳の子どもたちも含め、16名の参加をい
 ただきました。
  講師の矢野元晴さんは、建築デザイナーから鎌倉水彩画塾の塾長に変身して、活躍中の若手水彩画
 家です。鎌倉生まれ・鎌倉育ちからの生い立ちから始まり、昆虫少年だった意外な一面も!
  大学の建築デザイン学科卒業後は建築設計事務所に勤務するも、「商業芸術では自由なデザインを
 描くことができなかった」と挫折を経験し26歳で退社。画家の道を志し、水彩印象画法で作品を描く
 笠井一男氏に出会い夜は警備員のアルバイトで生計を立て、何千枚もの絵を描いて技術を習得。
 4年前に独立し、3年前には小町に鎌倉水彩画塾を開設。今や約400人の幅広い世代の塾生を抱え
 にまで至ったお話をしていただきました。
詳細はこちらを参照

           お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ
    第16回鎌倉歌壇さきがけ源実朝公顕彰歌会
     日時:2021年11月30日(日)13時~16時30分
     会場:鎌倉生涯学習センター
     講師:今野寿美氏(歌人)「われてくだけて裂けて散るー実朝らしさについて」
     選者:大下一真、香山静子、木村雅子、今野寿美、津金規雄
     投稿締め切り:10月15日(金)
      詳細はこちらを参照してください。
    新年互例会
     日時:2022年1月23日(日)
     会場:KKR鎌倉わかみや
       詳細は後日報告します。
    第74回実朝忌俳句大会
     日時:2022年3月6日(日)13時~16時30分
     会場:鶴岡八幡宮直会殿

      詳細はこちらを参照してください。
    春の映画会
     日時:2022年3月9日(水)13時~16時
     会場:鎌倉芸術館・小ホール
     作品:「男はつらいよ50お帰り寅さん」他
      ゲスト:倍賞千恵子さん      詳細は後日報告します。
    訃報
     鎌倉同人会の前理事長の山内静夫さんが、8月15日(日)午前8時13分、老衰のため、お亡くなりになりました。
    96歳でした。ご葬儀等はご家族で執り行われました。謹んでお知らせいたします。追悼文はこちらを参照。
             報告****報告****報告****報告****報告****報告****報告****報告****報告*

  令和3年定時会員総会

     今年度も、定時総会は、新型コロナウイルスの感染が収まらない中、原則、議決権行使書による書面総会とし、当日行なわれている栄西禅師
    まつりと栄西会忌句会は、残念ながら中止としました。
     定時総会は、6月26日(土)、生涯学習センター集会室で開催しました。会員にはあらかじめ議案書を送り、書面による議決権の行使をお願い
    しました。役員等の出席と議決権行使書による出席の合計が過半数を超え、定足数の確認が行われて、富岡理事長が議長となって議事が進められ。
    予定された議案の第1号(令和2年度事業報告) 第2号(令和2年度決算報告)第3号(令和2年度監査報告)第4号(令和3年度事業計画)

    第5号(令和3年度予算)第6号(定款の改正)第7号(理事の選任)については、それぞれ議長一任を含めた賛成多数ですべて了承されました。
    第7号議案では、4理事が任期満了で退任し、16名の理事が再任、3理事が新たに選ばれました。(詳細は会員のページの決算・予算の項参照
     その他には特に提案事項がなく議事のすべてが終わり総会を終了しました。
    その後、引き続いて、選任された理事により理事会が開かれて、富岡幸一郎理事を理事長に、大下一真理事を副理事長に、齋藤俊英理事を常務理事
    に再選し、さらに新たに西野大介理事を常務理事に選定しました。(詳細は同人会案内の役員の項参照

                                         

      ★第19回鎌倉同人会講座 「知られざる鎌倉と大河ドラマ」
      7月31日(土)、今年度2回目の第19回鎌倉同人会講座が、会員限定で、鎌倉生涯学習センターで開かれました。
       講師は、鎌倉市文化人権課担当課長(大河ドラマ担当)の石川雅之さん。 会場は“三密回避”でセットし、33名の参加がありました。
      1984年に縁あって鎌倉の県立高校の教員になり、定年退職後の3年前に、文化コンテンツを発信する市の職員公募に応募。
     文化人権課の課長
として採用され、現在のお仕事に邁進されています。
     さて、来年1月9日からNHK大河ドラマとして放映される”鎌倉殿の13人”は、今年2月3日 に市も
”推進協議会”を設置し、
     「鎌倉の歴史文化を内外に再認識させられる好機であり、またコロナ禍で疲弊した鎌倉の街に活気を取り戻す機会となるも
のと捉え、
     大河ドラマを活用した地域活性化の取組みの大きな柱として、大河ドラマの世界観を体感する大河ドラマ館を設置する 」とその意気
     込みを語っていただきました。詳細はこちらを参照してください。

                               
                             石川講師            講座会場風景             鎌倉同人会が建てた石碑(埼玉嵐山地区)
      ★第18回鎌倉同人会講座 「田辺新之助と鎌倉」 
     日時:2021年4月25日(日)14時~15時30分
     場所:鎌倉婦人子供会館
     講師:松坡文庫研究会代表 袴田潤一氏

          令和三年度の最初の「鎌倉同人会」講座が新型コロナウィルスのパンデミックの中、参加人数を制限し、さらに、三密を避ける
      という感染症対策を徹底して開催されました。
      今回は「田辺新之助と鎌倉」と題して、
鎌倉同人会の名称を選び、発会趣旨書を起草した田辺新之助について、鎌倉との関わり合い
      中心に、「松坡文庫研究会」代表の袴田潤一氏からお話を伺いました。詳細はこちらを参照くだい。
            
        
                  講師の袴田氏                  講座会場風景
    ★会員懇親散策ツアー「心の旅・歴史の旅」北鎌倉円覚寺を11月4日に訪問
       令和二年度の会員懇親バスツアーは、新型コロナウィルスの感染を避けるため、会員懇親散策ツアー「心の旅・歴史の旅」と
    銘打って、 秋色に染まる北鎌倉の円覚寺を十一月四日に訪れました。
     会員二十九名が円覚寺総門前に九時半に集合し、大下一真和尚の先導によって、鎌倉同人会が仏殿前に記念植樹した「鎌倉桜」
    を最初に鑑賞しました。そして方丈に移動して、円覚寺の横田南嶺管長の法話に聞き入りました。
     参加者は、「心の旅」にふさわしい観想を胸に信徒会館に移り、座禅についての姿勢や心の保ち方について簡単な指導を受けたあと、
    短めの座禅に挑戦しました。その後、足の痺れを癒し、横田南嶺管長が五木寛之氏と対談された『命ある限り歩き続ける』という
    著書を頂き、修行道場がある国宝舎利殿を拝観いたしました。
     当日の詳細はこちらを参照してください。

                                            
     ★第17回鎌倉同人会講座 「頼朝が幾何で造った都市・鎌倉」
      
 秋雨の中、“コロナ禍”がなおも続く10月15日(木)、今年度2回目になる第17回鎌倉同人会講座
      「頼朝が幾何で造った都市・鎌倉」(会員限定)が鎌倉婦人子供会館で開かれました。同人会講座の座学は1年ぶりです。
      講師は、一昨年2月に同名の本を出版された平井隆一さん(工学博士)。鎌倉同人会の会員でもあります。
      会場は“三密回避”でセットし、25名の参加をいただきました。
         当日の詳細はこちらを参照してください 。