一般社団法人
鎌倉同人会


 
     
                 北鎌倉東慶寺のいわたばこ
同人会案内 事業案内 同人会関連ページ 会員のページ 鎌倉リンク
お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ****お知らせ 
      ☆第19回鎌倉同人会講座 
     日時:7月31日(土)(14:00~15:30)「知られざる鎌倉と大河ドラマ」
     場所:鎌倉生涯学習センター「第5集会室」
     
講師:鎌倉市観光課大河ドラマ担当 石川雅之氏
     定員:25名 参加費用:会員500円(会員限定)
     
申込み:鎌倉同人会事務局(銀の鈴社)
             メール:info@ginsuzu.com ☎:0467-61-1930 Fax0467-61-1931(水日祝休)
     
講座概要:鎌倉市職員で鎌倉映画フィルムコミッショナーの石川氏による大河ドラマ撮影等の裏話をご紹介いただきます。
     お願い等:時節柄、席の間隔、消毒などにつきましては、事務局にて対応致しますが
     ご自身でもコロナ対策を実施すると共に、お申し込みされた後におきまし
ても体調等が優れない場合は、参加をご遠慮ください。
     なお、中止等の公表は、当該ホームページにて行ないますので事前に連絡 事項などをご確認ください。
                         詳細はこちらを参照してください。
    第20回 10月(日程未定) 「東国首都鎌倉の成立と展開」 を企画しております。
 報告****報告****報告****報告****報告****報告****報告****報告****報告*
      ★第18回鎌倉同人会講座 「田辺新之助と鎌倉」 
     日時:2021年4月25日(日)14時~15時30分
     場所:鎌倉婦人子供会館
     講師:松坡文庫研究会代表 袴田潤一氏

          令和三年度の最初の「鎌倉同人会」講座が新型コロナウィルスのパンデミックの中、参加人数を制限し、さらに、三密を避ける
      という感染症対策を徹底して開催されました。
      今回は「田辺新之助と鎌倉」と題して、
鎌倉同人会の名称を選び、発会趣旨書を起草した田辺新之助について、鎌倉との関わり合い
      中心に、「松坡文庫研究会」代表の袴田潤一氏からお話を伺いました。詳細はこちらを参照くだい。
            
        
                  講師の袴田氏                  講座会場風景
    ★第73回実朝忌俳句大会
       今年は事前投句の部のみの俳句会です。入賞作品についてはこちらを参照してください。
 
    ★第15回鎌倉歌壇さきがけ源実朝公顕彰歌会
       今年は誌上歌会です。入賞作品についてはこちらを参照してください。
    ★会員懇親散策ツアー「心の旅・歴史の旅」北鎌倉円覚寺を11月4日に訪問
       令和二年度の会員懇親バスツアーは、新型コロナウィルスの感染を避けるため、会員懇親散策ツアー「心の旅・歴史の旅」と
    銘打って、 秋色に染まる北鎌倉の円覚寺を十一月四日に訪れました。
     会員二十九名が円覚寺総門前に九時半に集合し、大下一真和尚の先導によって、鎌倉同人会が仏殿前に記念植樹した「鎌倉桜」
    を最初に鑑賞しました。そして方丈に移動して、円覚寺の横田南嶺管長の法話に聞き入りました。
     参加者は、「心の旅」にふさわしい観想を胸に信徒会館に移り、座禅についての姿勢や心の保ち方について簡単な指導を受けたあと、
    短めの座禅に挑戦しました。その後、足の痺れを癒し、横田南嶺管長が五木寛之氏と対談された『命ある限り歩き続ける』という
    著書を頂き、修行道場がある国宝舎利殿を拝観いたしました。
     当日の詳細はこちらを参照してください。

                                            
     ★第17回鎌倉同人会講座 「頼朝が幾何で造った都市・鎌倉」
      
 秋雨の中、“コロナ禍”がなおも続く10月15日(木)、今年度2回目になる第17回鎌倉同人会講座
      「頼朝が幾何で造った都市・鎌倉」(会員限定)が鎌倉婦人子供会館で開かれました。同人会講座の座学は1年ぶりです。
      講師は、一昨年2月に同名の本を出版された平井隆一さん(工学博士)。鎌倉同人会の会員でもあります。
      会場は“三密回避”でセットし、25名の参加をいただきました。
         当日の詳細はこちらを参照してください 。
                                         

     ★第16回鎌倉同人会講座 浄光明寺の史跡・文化財巡り
          梅雨の季節、“コロナ禍の第二波”も心配される7月18日(土)、第16回鎌倉同人会講座が、大三輪龍哉(りゅうさい)
      浄光明寺住職(鎌倉同人会理事)を講師に、会員限定の同人会講座を行いました。同人会講座として浄光明寺を訪ねる
      のは3年半ぶりです。
         午前中の雨も午後にはようやく収まり、まずは非公開の“愛染明王坐像”(南北朝時代の作)を目の前にした
        “客殿”での座学です。
       
時代は一気に八百年近く遡る建長3(1251)年、浄光明寺創建の時代(6代執権:北条長時)へ。とりわけ
       先代住職が2001年に探し当てられた“浄光明寺敷地絵図”(鎌倉幕府滅亡直後の作。国指定重要文化財)に基
       づく伽藍配置のお話を受けたあとはいよいよ境内巡りです。

              当日の詳細はこちらを参照してください 。

                
      ★鎌倉同人会の山内静夫・前理事長が「鎌倉映画学校」の名誉顧問に
         映画やテレビ・ドラマ、旅情報番組等のロケーション撮影を支援するフィルムコミッションが鎌倉市観光協会の中に設立され、  
        その実務を担う一般社団法人「鎌倉映画学校」の名誉顧問に鎌倉同人会の山内静夫・前理事長が就任しました。
         7月16日、鎌倉文学館で行われた設立の記者会見で、前理事長は、「映画は、有名な人や場所にはカメラを向けず、  
        人があまり見ない場所に向ける。だから鎌倉は有名過ぎて、映画に向かない。しかし、鎌倉には良いところがたくさんある。
        鎌倉の路地は人目につかないが、カメラの狙いどころはいっぱいある。ぜひ鎌倉を愛してほしい」と挨拶をしました。

                        
      ★鎌倉同人会令和2(2020)年度会員総会開催報告
        令和2年度会員総会が、6月20日(土)、寿福寺・書院で開かれました。新型コロナウイルスの感染が続き、
        感染リスクが高くなる会合は避けるよう要請されていましたので、感染防止の為、栄西忌句会、栄西禅師まつり、
        茶会は中止し、総会のみ理事等9名により開き、会員は書面により議決権の行使をしました。
         当日は、常務理事の司会で開会し、理事長が議長となって、議事録署名人を2名選出し、定足数について、
        会員総数213名中、出席9名と議決権行使書による参加123名の計132名の出席があり、過半数を超えていま
        したので、総会の成立を確認しました。
         常務理事から、事業計画中、歌会の日程と会場が決定した旨の報告があり、議事に入りました。予定された議案の
        第1号議案から第6号議案までのすべてが賛成多数で了承され、総会を終了しました。
         総会終了後、寿福寺の墓地へ行って、鎌倉同人会の創設者・陸奥廣吉伯のお墓は落石のため近づくことができません
        でしたが、鎌倉同人会の命名をし創設趣意書を起草した田邊新之助校長のお墓を掃除してきました。
         詳細はこちらを参照ください。
      
     総会風景             総会委任状           田邉新之助墓掃除

     令和2年の鎌倉桜・桐ケ谷の植樹は、鎌倉駅西口広場
             鎌倉同人会100周年の記念事業として、毎年、鎌倉桜・桐ケ谷を市内に植樹してきましたが、令和2年は、鎌倉市が
          昨年から行っていた鎌倉駅西口広場の改修に合わせて、3月25日に時計塔の横に植樹しました。 なお、改修工事では、
          鎌倉同人会がかかわって建立したウォーナー博士の顕彰碑も広場内で移設されました。
           
      改修された鎌倉駅西口広場        植樹した鎌倉桜    移設したウオーナー碑