開催した映画会記録        
   かつて大船には当時の娯楽としては最大の映画産業が花開いていました。名匠、巨匠が名画と云われる作品を次々に世に
  送り出していました。そして綺羅星のごとく美人女優、美男俳優が一世を風靡して、まさしく映画産業は鎌倉が誇る文化の
  一端を担っていました。
   私達鎌倉同人会はその誇るべき文化を今に伝え、そして後世に残すべく往時を偲ぶ名画の数々を上映し、それに携わった
  方々をお招きして直接お話を伺うという企画を平成15(2004)年より始めました。以後10年に亘り上映した映画は
  25作品を超え招きしたお客様も10数人を数えて、今や「鎌倉同人会映画祭」が鎌倉の春の風物詩として位置付けられるよ
  うになりました。
   平成23(2011)年3月11日、あの東日本大震災の当日、名優故三国連太郎氏をお迎えした山内理事長との対談が
  終わった直後、激しい揺れが会場を襲いました。場内満席だった観客の皆様は本当に落ち着いて順序良くスタッフの誘導に
  従い全員無事避難する事が出来たことは忘れられない思い出です。
  ★令和4年3月9日開催映画会
    山内静夫前理事長の追悼と銘打ち、3年ぶりに、2022年3月9日 鎌倉芸術館、小ホールで、開催いたしました。
  今回は「男はつらいよ 50 お帰り寅さん」「キネマの神様」2本立て。 それに加えて、山田洋次監督、倍賞千恵子さんの
  ライブトークです。松本行央当会理事の松竹との強いパイプがあって実現しました。
   初めに富岡幸一郎理事長の挨拶から始まり、「男はつらいよ 50 お帰り寅さん」〜山田洋次監督、倍賞千恵子さんのライ
  ブトーク〜「キネマの神様」と順調に進行。

   山田洋次監督、倍賞千恵子さんのライブトークでは、キネマ旬報元編集長の植草信和さんの司会により、山内静夫さんに
  まつわる話や、寅さんの映画やキネマの神様の裏話に加え、最後は倍賞千恵子さんのアカペラ「寅さんの歌」まで飛び出し
、 大変内容の濃い、楽しいものとなりました。

    また、このコロナの時期、始め600席が全部埋まるのか心配しましたが、見事に完売。プログラムの良さのなせる業も
  大いにあったと思います。
   アンケートは、221枚の回収ができました。普通、アンケートの回収率は2%程度といわれていますので、驚異的な数字で
  す。ほとんどの方が喜んでくださっている内容でした。
       当日のライブトークの模様はこちらを参照ください。
                    

                                     

                    
   
  ★平成30年3月16日開催映画会 
    鎌倉同人会主催恒例の春の映画祭が2018年3月16日に鎌倉芸術館において開催されました。
   明治、大正、昭和にかけて母娘三代の女の生き方を描いた昭和の名作「紀ノ川」を上映した後、この映画の主演、
  司葉子さんをゲストにお招きして山内静夫同人会顧問との対談が行われました。
   司さんはこの映画の撮影の苦労話や小津安二郎監督、原節子さんとの思い出話などを山内氏と楽しく話され、会場を
  沸かしました。今回のもう1本は松竹のご好意で提供された昭和10年に小津監督によって制作された「鏡獅子」。
  六代目尾上菊五郎の歌舞伎の舞台を記録した貴重なドキュメンタリー映画です。
   ゲストの司葉子さんも最後まで客席で鑑賞され、会は4時30分にお開きとなりました。

                 

    

              
       
  ★平成28年11月22日開催映画会 
    山田洋次監督を迎え『渥美清さんの思い出を語る』と題して、秋の映画会を11月22日(火)に開催いたし
  ました。場 所:鎌倉芸術館小ホール(開場/10:40、上映開始/11:00、閉場/16:50)
  当日は映画:「男はつらいよ」(寅次郎あじさいの恋)と「母と暮せば」の2本を上映し、合間に山田洋次監督
  のゲストトークを前同人会理事長の山内静夫氏と行いました。


    

   

              


事業案内に戻る。

























当サイト内の画像の無断複写・転載等はご遠慮下さい。