栄西忌句会記録
 平成3(1991)年に、寿福寺に眠る俳人・高浜虚子を偲び、虚子の五女で会員の高木晴子先生を迎えて栄西忌句会が開かれました。その後句会は年中行事となり、栄西まつりの当日に寿福寺で開催されています。現在は、会員の星野椿先生を選者としてお迎えしています。
 平成30年
  6月9日時折薫風が吹き込む書院にて10時から栄西忌俳句会が開かれました。15名の参加者がそれぞれ投句、
 選者の星野椿先生が選んだ句が発表され、和やかな句会となりました。

 
            
   会員の佳句は以下の通りです。
         夏花添へ虚子の矢倉の落ち着きし
         接待の新茶いただく寺屋敷
         梅雨晴れに秀麓の富士凛と立つ
         墨の香の涼しく満ちし寺座敷
         万緑の御堂に修す栄西忌
         老鶯の声のしみゐる立子句碑
         楚々と咲く味わい深き茶の花や
         みがかれし玻璃に夾竹桃揺るる
         梅雨晴るる五山の空や栄西忌
         虚子墓前いろあはあはと額の花
         桑の茶の効用を聴く栄西忌
         滴れる矢倉の壁に名刺受 
         梅雨の庭在りとも見えぬ庵かな
         山門に居れば風あり栄西忌

星野 椿
遠藤 清子
岡林 馨
小熊 紀子
笠元 成子
加藤 信子
高口 道宏
関谷 淑子
西尾 テル子
原 和三
本多 順子
正谷 民夫
三浦 邦雄
山内 愛子

 平成29年
  6月10日
 10時〜11時30分 寿福寺書院に於いて栄西忌俳句会が行われました。

  梅雨入りしたとはいえ快晴となり、源氏山から薫風が書院に入り、とても気持ちの良い日となりました。
  選者は玉藻名誉主宰の星野椿先生。同人会会員及び非会員の方の参加もあり18名で和やかに句会が行われ
  ました。
 以下は会員の佳句です。

                              本堂の虚子の二軸や栄西忌
                              鎌倉の思い出追いつ栄西忌
                              短夜に往時茫々父母の夢 
                              墨をする音の涼しき寺座敷
                              頃もよく木漏れ日の中実梅もぐ
                              命毛に墨ふくませて師の夏書
                              行く道をふさぎて蛇の長さかな
                              梅雨の間に光溢れる栄西忌 
                              虚子の句の双福掛かる栄西忌
                              床の間の不二の二文字風涼し 
                              一面の青田となれば溺れゆく 
                              オオルリの声に目覚めて栄西忌 
                              万緑に集う一会の栄西忌  
                     
星野 椿
磯野 鎮雄
岡林 馨
小熊 紀子
笠本 成子
加瀬 伸子
関谷 淑子
富岡幸一郎
新島 健
西尾テル子
本多 順子
前川 綾子
山内 愛子
                 



                                    事業案内に戻る。



当サイト内の画像の無断複写・転載等はご遠慮下さい。