★新年互礼会の記録

 <令和2年新年互礼会>
    生憎の雨模様のなか1月26日、由比ヶ浜の「KKRわかみや」に65名の会員が集まり和やかなご例会が開催され
   ました。 会は今年の新会員でもある浜田淑子(ハミングバード代表)さんの司会で開演、最初に富岡幸一郎理事長の
   挨拶のあと恒例の卓話になりました。
    卓話は作家の高橋源一郎氏で「鎌倉と私」と題し講演、氏の鎌倉の関わりをリアルとユーモアにあふれたお話で会場を
   沸かせました。
   講演の後にはご自身の著書の販売とサイン会もあり和やかな講演会となりました。
   卓話のあとは、山内静雄最高顧問の乾杯の発声で一同盃を挙げ懇親会が始まり、2020年の門出を祝いました。
    その後新入会員3名(加藤文雄、浜田淑子、平井隆一郎各氏)の紹介があり、会員の交換の場となりました。
   最後は大下一心副理事長の挨拶で盛会だった互礼会はあ開きとなりました。

    当日の会場の写真です。
              
      同人会富岡浩一郎理事長挨拶   卓話の高橋源一郎氏   山内最高顧問の発声   中締めの大下一真氏
   新入会員
               
         浜田淑子氏            加藤文雄氏          平井隆一郎氏
   
   

            

              

         

        

     
 <平成31年新年互礼会>
             1月27日、由比ガ浜の「KKRわかみや」にて開催されました。
          当日は快晴に恵まれ、72名の出席がありました。
 
             西貴美子理事の司会で開会、富岡幸一郎理事長の挨拶のあと、恒例の卓話に移りました。
          話者は昨年3月に国際アンデルセン賞を受賞した童話作家の角野栄子さんで、「魔女の宅急便と私」と題して、
          若い頃からの経験を交え、ブラジルへ渡航した時のこと、童話作家となるまでの道のりを魅力ある語り口で話され、
          参加者は大いに感銘をうけました。角野さんは9人目の「市民栄誉表彰受賞者」です。
 
             卓話の後は、大下一真副理事長の乾杯の発声で懇親会がスタート、和やかな会となりました。途中、新入会員8名の
          紹介があり、その後、藤田幸子会員を含む3名のグループが、ギリシャの竪琴「ライアー」の演奏を披露しました。
          珍しい楽器が奏でる優しい音色が会場を包み、最後は「ふるさと」を一同で合唱して、会員の心が一つになってゆく
          ようでした。

             斉藤常務理事の中締めの挨拶で、今年の新年互礼会はお開きとなりました。

          
          富岡理事長挨拶         角野栄子さんの卓話               司会の西理事

          
                 新入会員の皆さん                        ライアーの演奏

                         
                                 大下副理事長の乾杯

     
                            出席者の皆さん


平成30年新年互礼会
     平成30年の新年互礼会は1月28日(日)由比ガ浜の「KKR鎌倉わかみや」に集まった会員は60名。
   12時開会した互礼会は西貴美子理事の名司会でスタートしました。
                                                      
           まず富岡理事長の新年の挨拶があり、理事長は挨拶の中で昨年3月に急逝した坂倉正彦常務理事の
   功績にふれ、全員で 黙祷を行いました。
    続いて、
新春ゲストトークとして元NHKニュースキャスターの宮崎緑さんが「鎌倉から世界を読む」
   と題してスライドを交えながら滑らかな口調で講演し、参加者を魅了しました。
                                                         
         その後、山内静夫前理事長の発声で乾杯し、和やかな会食となりました。
   ステージ上では5名の新入会員が登壇、自己紹介も兼ねて披露されました。
                                          
   また会場内では<かまくら似顔絵倶楽部>による「新春似顔絵のコーナー」が設けられ雰囲気を盛り上げました。
    今年のアトラクションは田中和生氏のギターと歌、また会員の石井義文氏のハーモニカ演奏
あり、会場は大きな
   拍手で大いに盛り上がりました。
    中締めとして立った大下一真副理事長が二宮町の徳富蘇峰記念館を訪れた際、陸奥広吉等の紹介に鎌倉同人会の
   ことが書かれた資料があったと紹介。同人会の歴史を参加者一同確認しお開きとなりました。

                                                   


会員のページに戻る。


















当サイト内の画像の無断複写・転載等はご遠慮下さい。