山内静夫著『かまくら谷戸の風』出版を祝う会の報告

  鎌倉同人会最高顧問、山内静夫さんの『かまくら 谷戸の風』(冬花社刊)が出版され、祝う会が六月十五日、
 銀座アスター鎌倉賓館において130名出席のなか盛大に行われました。

 
 「字が書けたら、文章が書けるか。」とあとがきにあるように、二〇一二年、突然脳梗塞に襲われ、右半身が不自
 由になった山内さんは生来の左利きを復活させて、「鎌倉朝日」にエッセイ「谷戸の風」の連載を始めました。
  今回、平成が終わるのを機に、同人会が協力して6年余の連載を一冊にまとめたのが『かまくら 谷戸の風』です。
   俳優の中井貴一さんが突然会場に姿を現して、山内さんを「ちいべい」と呼ぶ親しい間柄などの話から祝う会が始
 まり、参加者一同、このサプライズにびっくり、華やかな開会となりました。
  それを引き継いで、姉の俳優・中井貴惠さんの司会で会は進められました。
 富岡幸一郎鎌倉同人会理事長に続いて、世話人を代表して松竹椛蜥J信義会長が、映画製作者の先輩、後輩の立場で
 挨拶、乾杯の音頭をとりました。
  祝辞では、参加者の中で山内さんと一番古い付き合いという篠田正浩監督が大船撮影所の歴史や貴重なエピソード
 を披露。続いて、俳人の星野椿さん、山内さんと同年の現役俳優、加藤茂雄さん、小津安二郎の甥にあたる長井秀行
 さんが、山内さんとの思い出を交えて祝意を表しました。
   おいしい料理を食べながらの懇親が続き、鎌倉同人会大下一真副理事長の一本締めで閉会、その後、山内さんご夫妻を
 中心に参加者の記念撮影を行いました。

       本の購入は、税込み1620円 問い合わせは冬花社へ(0467−23−9973)
                                                                         
                                                                                        山内静夫夫妻

                  
           開会の挨拶をする             松竹会長大谷義信さんの音頭で乾杯 
          富岡幸一郎鎌倉同人会理事長           
  祝辞を述べる出席者の皆さん
                       
         大谷義信さん       篠田正浩監督         中井貴恵さん        中井貴一さん
                    

         星野椿さん        北澤政英さん        加藤茂雄さん    小林千穂さんと藤本宿さん
                  
       長井秀行さん                花束贈呈                閉会の挨拶をする
                                               大下一真鎌倉同人会副理事長

                         
  出席者の皆さん                                                        
         
             鎌倉同人会1                        鎌倉同人会2
         
           松竹の関係者の皆さん                    鎌倉の関係者の皆さん
            

会員のページに戻る。


































当サイト内の画像の無断複写・転載等はご遠慮下さい。